産後抜け毛

産後の抜け毛ケア

<産後抜け毛・概要>
産後の抜け毛で悩む方は近年増えています。産後の抜け毛の場合、日常生活で気づくタイミングとしては、お風呂に入っている時が多いようです。ふと髪の毛を洗った後に、排水溝のあたりを覗いてみたときにごっそりと髪の毛が固まっているのを見て、気づくと言うものが多いようです。これは具体的には産後脱毛症、分娩後脱毛症と言われます。
出産後に起こる抜け毛の原因は、女性ホルモンのバランスが崩れることだと言われています。妊娠中は、女性ホルモンのプロゲステロン、エストロゲンが増加します。この影響で、妊娠している時などには、体毛が濃くなってしまったと悩む方が多い反面、出産後はこれらの女性ホルモンが一気に少なくなってしまうため、妊娠中に生え代わり周期によって抜けることができなかった髪の毛が一気に抜けてしまうのです。これを見ることによって産後の抜け毛でハゲるのではないかと心配になってしまう方がとても多いのです。産後の抜け毛が心配で、それがストレスになってしまい円形脱毛症等になってしまう方もいらっしゃいます。その他、子育てにはあらゆるストレスがつきまといます。さらには、栄養状態も忙しくてきちんと考えることができていない方が半数以上いらっしゃいます。どうしても出産後には、自分のことよりも赤ちゃんのほうに意識がいってしまうのは仕方のないことです。正常な髪の毛のサイクルとしては、数年単位で考えるのが一般的です。つまり短期間で全ての髪の毛が生え変わるわけでは無いのです。成長期、退行期、休止期、といった3つのヘアサイクルによって、髪の毛は生え代わります。つまり、このサイクルに該当している毛穴からのみ髪の毛が生えてきている状態をいいます。出産後抜け毛によって、髪の毛が一気に抜けてしまうと、抜けてしまった毛穴は、休止期に入ることになります。ですが、この時期は2、3ヶ月と期間が短いため、少し待っていれば少しずつ髪の毛が生えてきます。ですがここで重要になってくるのが、個人差があるということです。産後の抜け毛はその量も個人差があるのですが、抜けた後に入っするまでの期間にも多少のズレがあります。まず重要になってくるのが、この期間にしっかりとした栄養を頭皮に与えるということです。何よりも重要になってくるのが抜けて抑えるために血流を良くするということです。さんごの家は、こういったバランスを取ることによって、半年程度で戻り始めます。ですが、中にはこういった産後抜け毛の期間を過ぎても元に戻らない方もいらっしゃいます。そうならないためにも、出来る限り女性ホルモンのバランスを整えるような生活をすることが重要です。食事、睡眠、精神的ストレスをためないといった基本的なケアが重要になります。産後の脱毛には多くのお母さんが悩みますが、なかなか本格的に行うことができないのが実情です。近年では、そんな産後の抜け毛に特化した女性用の育毛剤も販売されています。毎日の食事で産後の抜け毛をケアしていこうと考えるのであれば、カルシウム、ビタミンB、鉄、亜鉛、良質なタンパク質を意識することが重要です。これらをバランスよく摂取しようと考えると、日本食の基本的なメニューとなります。出産後抜け毛に悩んでいる場合には、できるだけ洋食は避けて、昔からある日本食のメニューに切り替えてみるのも良いのではないでしょうか。分娩後脱毛症は、出産経験者の過半数以上が経験しているとされます。自分だけが抜け毛に悩んでしまい、結果的にはげてしまうのではないかと心配になる必要はありません。生理的な現象と考え、基本的には放置しておいても元に戻るものだと考えておいても問題ないでしょう。しかしながら、産後抜け毛の期間は、ボリュームが減ってしまうため、髪の毛がぺちゃんこになってしまいみすぼらしく見えてしまうのも事実です。こういった時にできるだけ頭皮の環境を整えてあげて、薄毛になってしまうのを抑える工夫も重要です。リラックスを含めた上で、頭皮のマッサージなどをお風呂で行ってあげても良いかもしれませんね。産後脱毛症は、抜け毛ではありますが、一般的には特別な治療が必要でありません。男性の脱毛とは全くもって原理が異なっていることを知っておきましょう。